若松区のガラス交換は施工に”コツ”が必要な勝手口ペアガラス交換です。

施工実績(ガラス)

若松区で「勝手口のガラスが割れてしまった」と言うお客様宅にご訪問しました。勝手口の状況を確認して「うん?これは以前、ガラス交換の際にハマりにハマった上げ下げ窓ではないか!」と武者震いしました。私がまだまだ経験が浅い時に出会った勝手口ドアで、上げ下げ窓が上下にスライドするだけではなく、下側の窓が手前にも開くタイプのドアなのです。

下の写真が実際の勝手口ドアです。

この様な左右のロックを解除する事により下の窓が出前にも開き換気が出来る仕様となっています。そして問題はそれだけではなく、通常はガラスが「片ビート+押縁」で収まっている事が大半なのですが、このドアはサッシ部分を分解しないとガラスの入れ替えが困難な組み立て方になっています。ガラスの交換方法が分からずにドアを外してサッシをバラし、組み立てに大変な思いをした経験が頭をよぎります。でも、その経験から勉強して最善のガラス交換方法を実践できる様になりました。本日はその交換方法を解説して行きたいと思います。

若松区のガラス屋。窓ガラス交換修理、サッシ交換修理、ドア交換修理、ドアクローザー交換、ドアノブ交換、戸車交換、網戸作製(張替え)、雨戸交換修理、窓とドアの事なら窓店(マドミセ)にお任せ

勝手口ガラスの交換方法

ガラスが破損しているのは上げ下げ窓の下の部分のガラスです。上の写真を見て何か気が付く事はありますか?

そう、ドアノブが外れています。ガラス交換の際にドアノブが邪魔になるので外しているのです。この状況で下の窓を手前に倒し、窓の上部に取り付けられているストッパーとサッシのネジを合わせて2本外します。

ドライバーでネジを回しますが、サッシすれすれの部分で作業をしますのでサッシに傷が付かない様にマスキングテープで養生をし作業を行います。ストッパーは窓が手前に倒れる時にサッシにぶつかり、それ以上手前に倒れなくする役割を果たしています。従ってこのストッパーを外すと窓がストップせずに地面に着くまで倒れてしまいます。

下の写真の様にです。

この状態でサッシの固定ネジも外しているので横枠を開く事によってガラスを抜く事が出来ます。

ガラスを抜く事が出来ればあとは新しいガラスをいれてサッシを元通りに組み立てれば完成です。ただ1つ注意する事があります。このガラスの回りにはプラスチック系の押さえが使用されていますがガラスに嵌め込む為にガラスの方に溝が切ってありその部分に押さえの突起がハマる様になっています。全く同じ純正のペアガラスと押さえを持ってくればそのまま嵌める事が出来ますが通常のペアガラスだと押さえの突起をカットする必要がありますので念のためご留意下さい。

【ガラス交換完了】

組み上げてガラス交換完了しました。

まとめ

本日は若松区で施工した勝手口ガラス交換について施工実績として紹介しました。通常の勝手口交換の方法ではガラス交換が出来ません。知り合いのガラス業者に聞くと二人がかりでドアを取り外し窓をバラして作業を行うと言ってました。当然人工が2名になるので費用も嵩むとの事。今回の交換方法であれば慣れれば1人で作業が可能なのでコスト的にも押さえられお客様に喜ばれます。

コメント

0120-268-270今すぐ電話でお問合せ
error:Content is protected !!