フィックス窓(FIX窓)をお洒落に!目隠しカーテンやブラインドなどでインテリアレイアウトを高める方法

ブログ

フィックス窓とはどんな窓でしょうか?

フィックス窓は、設置場所によっては外から中の様子が丸見えになってしまう窓です。

そのため目隠しをした方が良い場合があります。

では、フィックス窓をおしゃれにコーディネートするにはどうすればよいのでしょうか。

今回は、フィックス 窓とは何か・目隠しに最適なアイテム・横長縦長窓のインテリアコーディネートについて詳しくご紹介します。

門司区の窓リフォーム、窓修理、内窓取付など、窓サッシ、建具の事なら修理・交換対応お任せ下さい!見積り無料です。詳しくは専門ページでご確認頂けます。

フィックス 窓とは何か?

フィックス 窓とはどんな窓でしょうか?

こちらではフィックス窓とは・特徴・主な設置場所・メリット・デメリットについてわかりやすくご紹介します。

フィックス窓とは?

フィックス 窓とは、サッシ枠にガラスがはめ込まれている窓のことです。

簡単にいうと、フィックス窓とは開閉ができない窓のことです。

フィックス 窓のFIXには「固定する」という意味があります。

フィックス 窓は別名「はめ殺し窓」とも呼ばれています。

フィックス窓の特徴

フィックス窓には次のような特徴があります。

・開閉ができない、また開閉をする必要がない

・カギがない

・主な目的は室内への採光

・室内から外部を見るための鑑賞用窓

・通気・換気機能がない

・家の中でも特に高い場所に設置される

・部屋のアクセントとしても使われる

・正方形タイプ、細長タイプ、丸タイプ、縦型タイプ、横型タイプなどさまざまなデザインがある

・透明ガラス、不透明ガラスなどがある

・簡単な構造

・取り付けやすい

・価格が安い

フィックス窓の主な設置場所

フィックス窓は、主に次の場所に設置されます。

・吹き抜けの壁

・階段の壁

・玄関の壁

・リビングの壁

・キッチンの壁

・天窓

・地窓

・その他

フィックス窓のメリット

フィックス窓には次のようなメリットがあります。

・照明を使わずに明かり取りができる

・部屋のデザイン性を高める効果がある

・広い面積の窓ガラスをはめることができる

・解放感を演出できる

・他の窓と組み合わせることで、部屋のアクセントになる

・他の窓の価格と比べると設置価格が安い

・棚代わりに使える

・開閉機能がないので気密性が高くなる

・窓から人や物が落下してしまうことがない

・網戸が付かないので見た目がスッキリに見える

・カギの閉め忘れ、窓の開けっ放しがない

フィックス窓のデメリット

フィックス窓には次のようなデメリットがあります。

・高い場所にあると、室内側・屋外側とも掃除がしにくい

・板ガラスであれば断熱性、防音性、結露は一般の窓とほぼ同じ

・通気、換気ができないので息苦しさがある

フィックス窓の目隠しに最適なアイテムとは何か?

フィックス窓は、そのままだと外から中の様子が丸見えです。

そのため目隠しをすることをおすすめします。

では、フィックス窓の目隠しには、どんなアイテムが最適なのでしょうか。

こちらでフィックス窓の目隠しに最適なアイテムについてわかりやすくご紹介します。

カーテン

1つ目は、カーテンです。

カーテンは、洋風の部屋でのインテリアとして最適な目隠しアイテムです。

シェードカーテン

2つ目は、シェードカーテンです。

シェードカーテンは、やわらかい印象があり、家族が寛ぐことができる部屋で最適な目隠しアイテムです。

ブラインド

3つ目は、ブラインドです。

ブラインドは、採光を調整することができる目隠しアイテムです。

ガラスシート

4つ目は、ガラスシートです。

ガラスシートは、おしゃれなデザインで、さらにUVカット効果もある目隠しアイテムです。

引き違い障子

5つ目は、引き違い障子です。

引き違い障子は、和風を演出することができる目隠しアイテムです。

目隠しフィルム

6つ目は、目隠しフィルムです。

目隠しフィルムには、マジックミラー調・すりガラス調・型板ガラス調があり、外部からの視線からプライベートを守ってくれる目隠しアイテムです。

ロールスクリーン

7つ目は、ロールスクリーンです。

ロールスクリーンは、フラットなデザインであることから、お部屋の中がスッキリ見える目隠しアイテムです。

横長フィックス窓のおしゃれなインテリアコーディネート

横長フィックス窓は、一般的には高窓として設置されることが多い窓です。

天井に近い位置から、部屋の中に光が入ってくる造りです。

そのため自然光を照明代わりに利用できます。

横長フィックス窓のデザインの特徴は、部屋をスマートな印象に演出することができることです。

こちらでは、横長フィックス窓のおしゃれなインテリアコーディネートについてご紹介します。

飾り棚

横長フィックス窓の下に、飾り棚を設置することをおすすめします。

この位置に、飾り棚を設置することで、シーズンに合わせたインテリアコーディネートをすることができます。

飾り棚に、花見・七夕・月見・ハロウィン・クリスマスなどのディスプレイをして、さまざまなイベントを楽しみましょう。

縦長フィックス窓のおしゃれなインテリアコーディネート

縦長フィックス窓は、一般的にはリビングなどのスリット窓として設置されることが多い窓です。

縦長フィックス窓は、横長フィックス窓以上にデザイン性が高く、リビングの壁面のアクセントとしては最適です。

縦長フィックス窓だけでも、十分おしゃれなインテリア空間を実現することができます。

縦長フィックス窓のデザインの特徴は、部屋をスタイリッシュな印象に演出することができることです。

こちらでは、縦長フィックス窓のおしゃれなインテリアコーディネートについてご紹介します。

観葉植物

縦長フィックス窓の隣に、観葉植物を設置することをおすすめします。

この位置に、観葉植物を設置することで、部屋の中に居ながら自然を感じることができるインテリアコーディネートをすることができます。

観葉植物は1つ置くだけで、それまで無味乾燥した部屋であっても、ガラッと雰囲気を変えてくれるアイテムです。

観葉植物が発生させるマイナスイオン効果もあり、常に部屋の中をリフレッシュしてくれます。

縦長フィックス窓の隣に、観葉植物を設置することで、より部屋の中がおしゃれで、映える空間にすることができます。

まとめ

今回は、フィックス 窓とは何か・目隠しに最適なアイテム・横長縦長窓のインテリアコーディネートについてご紹介しました。

今回のポイントをまとめると、フィックス窓は開閉はできない窓ですが、アイテムを使うことで、おしゃれなインテリアコーディネートが可能な窓ということです。

もしフィックス窓についてより詳しく知りたい時には、ぜひ窓専門業者に問い合わせてみることをおすすめします。

0120-268-270今すぐ電話でお問合せ
error:Content is protected !!