窓シャッターの防犯効果は?外から窓シャッターを開ける事は出来る?

ブログ

防災対策で後付け窓シャッターを設置する、または新築時に予め設置して引き渡しをもらうと言う方も多いと思いますが、本日は窓シャッターを設置する事によりどの程度防犯性が期待できるかについて解説して行きたいと思います。ガラス破りによる防犯対策で防犯ガラスを検討される方も多いと思いますが、防災と同時に防犯性能が高くなればいう事はありません。一石二鳥が期待できる窓シャッターについて理解を深めましょう。

博多区のサッシ屋。窓ガラス修理交換、サッシ修理交換、後付け窓シャッター取付、ドアクローザ修理、窓リフォーム、玄関ドアリフォーム、浴室ドア交換、アクリル板交換、窓とドアの事なら窓店へ!

窓シャッターの防犯効果についての考察

窓シャッターの素材はアルミや鋼板が使用されており、スラット(ガラガラとシャッターを下ろす本体部分です)を下ろし鍵をロックすると余程の事がない限りアルミや鋼板を破壊して宅内に侵入する事は不可能と言えます。窓シャッターは取付けの際に外部から長いビスで10か所以上は打ち付けられています。その為、それを全て取り外して窓シャッター本体を外す事もまず出来ません。そう言った意味では、窓シャッターが閉まっている状態で窓から泥棒などが侵入する事は基本的にできません。

確実に留守だと分かった状態でバール等を使用し大きな音を立てながら破壊行為を行えば別ですが。。

窓シャッターは外から開かないの?

内側からロックをかける事が出来ますので一度ロックをかけると外から開錠する事はできません。ガレージ仕様では外部から鍵をかけるタイプもありますので、そのまま鍵を開錠する事でもちろん外部からシャッターを開ける様になります。一方、窓シャッターはその様な仕様になっている商品はありませんので内側から施錠し内側から開錠する以外に方法はありません。その為、防犯上には大変メリットがあると言えます。逆に小さなお子様がいらっしゃるご家庭の方は、自身が外にいる時に室内の子供さんが分からずにシャッターの鍵をかけてしまい締め出されると言う可能性もありますので注意が必要です。

防犯ガラスと窓シャッターの比較

ここで防犯ガラスと窓シャッターの比較をしたいと思います。どちらにもメリット、デメリットがありますのでご確認下さい。

防犯ガラスのメリットとデメリット

防犯ガラスのメリットはガラスが破られたとしてもガラス内部に構成されている防犯フィルムが貫通されないので泥棒の侵入を防ぐと言う防犯上のメリットがあります。逆にデメリットとして、実際にガラスは割られますのでその修理をしなければならず、保険などにかかっていれば良いのですがガラスの修理費用を自己負担しなければならなくなります。窓シャッターと比較するとガラスと言う事で視界性は良いので視界を遮る事無く防犯効果が発揮できます。

窓シャッターのメリットとデメリット

さきにデメリットの話しです。視界性が悪いと言うデメリットがあります。シャッターを閉めていないと防犯性能は発揮されませんので、就寝中や買い物などにちょっと出かける時でもいちいち窓シャッターを閉める必要があり、”留守だ”と逆にアピールする事になるかもしれません。窓以外にもドアのこじ開け、ピックングで侵入される可能性もあり留守をアピールする事は本末転倒ともなりかねません。

メリットは前述した様に非常に頑丈なので一度戸締りさえしてしまえば窓からの侵入はまず不可能です。見た目の頑丈なので敢えてシャッターを壊して宅内に侵入を考える人物はいないと言えます。

後付けでも取付出来る窓シャッター

既存の窓にシャッターが取付けられていな場合も、後付けシャッターと言う商品があるのでリフォーム工事として窓シャッターの取付が可能です。各サッシメーカーから発売されていますのでメーカー取扱いのサッシ屋さんに相談されれば見積りをしてくれます。

価格は大きさや取付場所により異なりますが10万円代から20万円代になる事が一般的です。

まとめ

本日は窓シャッターの防犯性について解説しました。防犯ガラスとも検討される要素は十分にある商品です。予算や見た目、使用頻度なども検討し選択されると良いでしょう。

コメント

0120-268-270今すぐ電話でお問合せ
error:Content is protected !!