賃貸住宅で網入りガラスの熱割れが発生してしまった場合、保険で修理できるのだろうか?

ブログ

ある日ふとした時に窓ガラスを見て見ると網入りガラスにヒビが入っている事に気づく事があります。「何か物が当たった記憶も無いし・・・どうしよう、修理代高いかな~」賃貸住宅にお住いの方でこの様な事態となった方向けの記事となります。

修理代金を安くする方法、これから行わなければならない行動、今後網入りガラスの熱割れを起こさない様にする方法を解説して行きます。網入りガラスが熱割れしている方はご一読下さい。

熊本市中央区のガラス屋。窓ガラス修理交換、サッシ修理交換、ドアノブ調整、ドアクローザ交換、浴室ドア(折戸)交換、玄関ドア修理、窓リフォーム、雨戸修理交換、窓とドアの事なら窓店にお任せ!

賃貸住宅での網入りガラス熱割れは保険で修理できるのか?

賃貸住宅であれば、ご自身が加入している保険の補償内容により、保険が適用されるケースと、大家さん側で加入している保険で網入りガラスの修理をして頂けるケースがあります。網入りガラスの熱割れは、「予測できない突発的な事故」と認められるケースが多い為、補償条件に合致していればスムーズに保険金が出る可能性は高いです。

ただし、ガラスのヒビ割れ全てが熱割れと認定される事はありません。あくまでも網入りガラスに限定される事とご理解下さい。

網入りガラスとは、ガラス内部にワイヤー(網)が入っているガラスの事です。防火地域、準防火地域ではガラスの飛散防止の為に防火設備として使用されている場合やマンション等で良く見かけます。見た目にも黒く細い線が目視できるので直ぐに見分けがつきます。

この網入りガラスの熱割れは気温の温度差によって生じる事が認知されています。ワイヤーの膨張により起こる症状で、特に晴天の冬場、早朝からお昼にかけてこの熱割れは起こります。サッシの内部に入っているガラスエッジには陽が当たらず温度が低いままですが、ガラス面には陽が当たるためワイヤーが膨張します。この様な温度差が熱割れ原因の1つとされており保険会社でも周知の事実となっていることから保険適応がされやすい訳です。

網入りガラス以外は「熱割れでガラスが割れました」と主張した場合、本当に熱割れなのか、入居者の過失ではないのか?このあたりの証明をする必要性が出て来るため保険適応のハードルは上がります。

これから行わなければならない事。

まずは、入居者であるあなた自身の保険で修理が出来ないか確認して見ましょう。ご自身の加入している保険であれば手元に証券などあると思いますので直ぐに問合せできるはずです。「網入りガラスが熱割れでヒビ割れたのですが、加入している保険で修理代金は出ますか?」とお伝え下さい。

保険申請に必要な申請書などを郵送してくれると思います。後は保険屋さんの指示に従い必要な書類を揃えて修理して下さい。

修理を行う前には管理会社もしくは大家さんにも内容を報告し、自分の保険で修理を行うが良いですか?と確認しておく事をお勧めします。「ダメ!」と言われる事はまずありませんが後々のトラブルを防ぐ為です。

さて、仮に入居者ご自身の保険では修理代金は出ない場合についてです。

管理会社もしくは大家さんに連絡をして事情を説明しましょう。網入りガラスの熱割れと伝えれば直ぐにピンとくる方が殆どです。「熱割れなら保険で修理できます」と言われるか「熱割れは入居者ご自身で修理して下さい」と言われるかは契約内容次第となります。

仮に大家さん側で保険適応可能であっても免責で手出しがある場合などは積極的に対応してくれないかもしれません。

網入りガラスを自分で修理するといくらかかる?

窓ガラスに何もぶつけてないのに(故意過失ではないのに)修理代金は負担するのは納得がいかない事と思います。しかし万が一その様になってしまった場合の事も考えて一応網入りガラスの修理相場をお伝えしておきます。

網入りガラスには透明タイプ型板(かすみ)タイプの2種類があります。

またワイヤーの入り方は3種類あります。

ヒシクロス(左右から斜めに網が入っていて網の目が菱形になっています。最も多く使用されている網入りガラスです)

クロス(縦、横、碁盤の目の様に網が入っています)

縦ワイヤー(縦に網が入っています。ストライプ模様のイメージです)

ガラス業者にもよると思いますが、料金に関して網の入り方で価格が変わる事はあまりありません。同じサイズや施工方法であるなら透明タイプの方が型板(かすみ)タイプよりも高額になります。

・網入り透明ガラス(900mm×900mm)20,000円~30,000円

・網入り透明ガラス(900mm×1800mm)30,000円~50,000円

・網入り型板ガラス(900mm×900mm)18,000円~25,000円

・網入り型板ガラス(900mm×1800mm)25,000円~45,000円

この辺りの金額が相場となります。

今後、網入りガラスの熱割れが起きない様にする為には?

気温差により生じる事が多い網入りガラスの熱割れですが、今後熱割れを発生しにくくする工夫は入居者側で行えます。

窓ガラスの近くにソファーなど熱を反射するものを置かない様にする

レザー系ソファー、合皮系ソファーなど太陽の光を反射する様な物を窓ガラスに近くに置かない様に気をつけましょう。熱がピンポイントでガラスに当たる事により熱割れを誘発します。

ガラスフィルムを貼らない様にしましょう

ガラスフィルムもあまりお勧めできません。熱を吸収してガラスの表面が局部的に高温になると熱割れ発生の原因になってしまいます。現在網入りガラスのフィルムを貼られているのであれば剥がす事をお勧めします。

まとめ

本日は、賃貸住宅で起きる網入りガラスの熱割れについて保険でガラス修理が出来るのか?という事をメインに関連する事項についても詳しく解説しました。網入りガラスの熱割れは保険適応できる可能性は高いです。まずは、保険会社に連絡をして問い合わせる事から始めましょう。これ以上アレコレ調べてもあまり目新しい情報はないでしょう。保険会社がYesかNoか決めてくれます!

0120-268-270今すぐ電話でお問合せ
error:Content is protected !!