ルーバー窓のリフォームをお考えの方!窓の種類や費用を解説。

ブログ

ルーバー窓」この言葉がすぐに思いつく人は業界の方か、ルーバー窓のリフォーム(交換)を検討されている方、もしくはこのルーバー窓で何らかのトラブルや修理等経験がある方に限定されるのではないでしょうか。ルーバー窓の事を”蛇腹(じゃばら)窓”とおっしゃる方も多く「なんかホラ!クルクルまわして開ける窓!」や「トイレに取付られている、ガラスがいっぱい付いている窓」などと表現される方もいらっしゃいます。

本日は、ルーバー窓のリフォームをご検討されている方向けの記事になっています。何かの参考にして頂ければ幸いです。

南区のガラス屋。窓ガラス修理交換、サッシ交換、ドア修理、窓リフォーム、網戸作製(修理・張替え)浴室ドア交換修理、玄関ドア交換リフォーム、戸車交換、雨戸修理交換、フロアヒンジ交換調整、ドアクローザ交換調整、窓とドアの事なら窓店へお任せ下さい!

ルーバー窓のリフォームを検討する

ルーバー窓のリフォームを検討される方は、何かしらこの窓に不満を持たれている方だと思われます。ルーバー窓を他の窓に変更されたい方の意見は意外に絞られていて”ルーバー窓の短所”と言われる部分を改善されたいのです。

ルーバー窓の短所

ルーバー窓の短所と言われる部分は主に3つです。

・気密性が低い

ルーバー窓はガラスとガラスを重ね合わせる事で外気が室内に入ってくる事を防いでいます。このガラスとガラスが重なる部分には気密性を保つゴムもなく、可動部分の関しても特になんら気密対策がされていない窓である事はよく知られているルーバー窓の欠点と言えます。

・防犯性が低い

防犯性が低いとも言われます。窓から泥棒が侵入する被害が懸念される中、ガラスを割って窓のクレセント錠を開錠し侵入するケースの他に、このルーバー窓のガラスを複数抜き取って、そこから室内に侵入される事もあります。ルーバー窓のガラスは仕組みを理解している方であれば、サッシ窓の種類によっては外部からガラスを外す事も容易に可能です。ガラスが閉まっている状態であれば比較的安心ですが、換気の為にガラスがオープンされているとガラスを抜き取られて侵入されるリスクが高まります。

・壊れやすい

窓ガラスはオペレーターハンドルと言われる「クルクル回すハンドル」によって開閉されます。このオペレーターハンドルの劣化により、ハンドルが固着して動かなくなったり、ハンドル内部の金具が折れて空回りする故障が発生します。また、ガラスも網入りガラスが使用されている事が多く、熱割れ現象で勝手にガラスが割れてしまう事も多々あります。

この様な欠点を気になるタイミング(故障してしまった時や、冬場の隙間風がルーバー窓と判明した時など)に窓の交換が検討される機会となるようです。

ルーバー窓をリフォームするなら、どの窓にする?

さて、実際にルーバー窓を他の窓に変更する時、どの様な事に注意してリフォーム工事を進めて行けば良いのでしょうか?

まずは”窓選び”からスタートしましょう。ルーバー窓から変更できる窓は主に下記の窓があります。

縦すべり出し窓

新築でも採用される事が多い縦すべり出し窓、縦辷り出し窓と表示される事もありますが、同じ窓の事を指します。上下にアームが取付けられていて、窓の左右どちらかにハンドルがありますので、そのハンドルを開錠し外に開く様に突き出すと窓が開く構造です。ルーバー窓の欠点である気密性や防犯性を解消できる窓でルーバー窓のリフォームをご希望される方から最も人気のある窓ではないでしょうか。

上げ下げ窓

窓の開閉を上下に行う窓です。勝手口のドアなどにもこのタイプの構造が使用されているのでイメージもしやすいのではないでしょうか。窓を上げ下げするタイプでは全開する事は出来ませんが、換気をメインに考えれば使い勝手としては全く問題ありませんし、防犯を考える上でも”窓が開かない安心感”で採用される方の多いです。

FIX窓

窓が開かないタイプの窓です。”はめごろし窓”とも言われる窓で、採光(さいこう)明かり取りの意味で採用される窓です。開閉しないので換気は出来ませんが、この窓に防犯ガラスを入れれば防犯性は格段に上がる事間違いなしです。気密性も防犯性も最も高める事の出来る窓です。

その他の窓

上記の3つがルーバー窓リフォームで採用される事の多い窓です。ルーバー窓はそもそも縦長の開口部分に設置されているのである程度取付出来る窓のタイプも限定されます。

もちろん引き違い窓横すべり出し窓の交換も不可能ではないと思われますが使い勝手などを考えるとあまりお勧めはしていません。

ルーバー窓リフォーム費用の目安

ルーバー窓のリフォーム工事はカバー工事にするか、窓枠全てを撤去し窓交換するかによって費用は異なります。勿論現場の状況や選ぶ窓によっても費用は異なりますので参考価格としてご確認下さい。

縦すべり出し窓へのリフォーム工事費用

10万円~18万円

上げ下げ窓へのリフォーム工事費用

10万円~18万円

FIX窓へのリフォーム工事費用

8万円~15万円

概ねこの価格帯になる事が多いです。詳しくは近くのサッシ屋さんにお見積りを依頼しましょう!

まとめ

本日はルーバー窓を他の窓にリフォームする理由やリフォームする場合の窓の種類、リフォーム価格について解説させて頂きました。最近では窓のリフォーム工事を気軽に出来るカバー工事がポピュラーな工事方法で、既存の窓枠をそのまま再利用し、新しい窓枠を既存枠に取付ける工法です。壁を切ったりしないので騒音やホコリも少なく施工も半日~1日で終わる工事なので工事のストレスも軽減されます。一度ご検討されてはいかがでしょうか。

コメント

0120-268-270今すぐ電話でお問合せ
error:Content is protected !!