勝手口ドアの防犯性を高める方法(格子、防犯ガラス、採風ドア)について。

ブログ

防犯意識の高まりの中、玄関ドアや勝手口ドア、脱衣室、トイレの小窓など各窓に防犯対策をされたい方は年々増加傾向にあります。窓に面格子やシャッターを取付けるなど対策をされている方もいらっしゃる一方、勝手口ドアの上半分がガラスの場合はどの様な対策を行えばよいのか分からないと思われる方もいらっしゃいます。本日は勝手口ドアの防犯性を高める方法について案内して行きます。

福岡市中央区のガラス屋。窓ガラス交換修理、サッシ修理、ドア修理、ドアノブ交換、ドアクローザ交換、浴室ドア交換、勝手口ドア交換修理、雨戸修理交換、網戸交換(新規作製)は窓店(マドミセ)へ

勝手口ドアに後付け格子を取付ける事も可能

トイレの小窓や脱衣所窓には格子を後付けで取付ける事が可能です。その場合は窓よりも大きな格子を作製して壁に取り付ける事になります。この事から一般的に格子は壁に取り付ける物でドアには取付けられないと思い込んでいる方が多いですがドアにも取付出来る可能性も十分にあります。

ただ気を付けて欲しいのが後付けで勝手口ドアに格子を取付ける場合、その目的が防犯となれば選択する格子にも注意が必要です。通常の格子はアルミ製でプラスドライバーで取付ける事になります。アルミ製の格子をプラスドライバーで外から取付を行っている場合、泥棒がプラスドライバーで取り外す事も可能な訳です。泥棒が簡単に取外し出来る状況と言うのは本末転倒であり、面格子を取付けた後にプラスドライバーの取付け部分をプラスドライバーで回らなくする為に意図的にネジの頭の部分を壊して泥棒が簡単に格子を取外しできなくする事など工夫が必要です。さらにアルミ製の格子は弱いので破壊される事もあります。面格子を取付けるのであればステンレス製の専用ビット固定の面格子がお勧めです。通常の工具(プラスドライバー)では取外し出来ない仕様となっています。

この項をまとめますと、勝手口ドアにも格子は取付可能です。但し防犯用で取付ける格子はステンレス製の専用ビット固定がお勧めです。

格子に関する価格などはコチラの記事も参考になります。

防犯ガラスに取替えれば防犯性は格段に向上

勝手口ドアの上半分を防犯ガラスに交換する事も可能です。現在ガラスが入っているサッシ窓であればほぼ全ての窓ガラスを防犯ガラスに交換できると思って頂いて大丈夫です。勝手口のガラスを防犯ガラスにするにはドアのタイプにもよりますが一旦ドアを取り外しサッシ枠をばらしてガラス部分のみを防犯ガラスに入れ替える事になります。防犯ガラスは透明以外のカスミガラスや網入りガラスもあります。防犯ガラスは”合わせガラス”とも言われ、ガラスとガラスの間に防犯フィルムを挟み込んでいるガラスの事を言い、ガラス自体の強度は一般的なガラスと同じですが”防犯フィルム”が貫通されにくいので室内側の鍵を開錠する事が困難であり防犯性が高いガラスとされています。

ガラスをアルポリックに変更する

次に防犯ガラスよりもコストが安価なアルポリックに交換すると言う方法もあります。アルポリックとはアルミ複合版の事で、ガラスよりも強度が高い板の事です。よく店舗の勝手口などで使用されていて、もしかしたら現在貴方がお使いの勝手口も上半分がガラスで下半分がアルポリック仕様かもしれません。

アルポリックのデメリットは明かりが入らなくなる事です。ガラスであれば日中外の明かりが差し込んできますがアルポリックは完全に日差しを遮ります。防犯性と採光、予算を含めてどちらを優先するか検討する必要があります。

採風勝手口ドアのする方法もアリ

少々予算はかかりますが、勝手口ドアをリフォームして採風勝手口ドアにする事もお勧めの1つです。現在の新築住宅でも多く採用されている勝手口ドアでドアの中央部分が上げ下げ窓になっていて防犯性と採風の確保のために外側は格子と網戸が一体になった網戸が取付けられています。(写真の様なドアです)ドアはダブルロックになっているのでドアを閉めたまま換気も出来てさらに格子も元々ついているので安心感は格段にアップします。

まとめ

本日は勝手口ドアの防犯性を高める方法についていくつかご案内いたしました。もっと安価な方法で防犯性を高める事も出来ます。ガラスに振動用のブザーを貼り付ける方法や後付けの鍵を取付けて二重ロックにする事などです。採光など必要なければ内側からべニアを打ち付ける事で強度を上げる事も可能です。見た目が完全に悪くなるので空き家や倉庫でしか出来ないと思いますが安くて防犯性の向上には役立ちますね。最終的にはご予算とも相談してご検討下さい。

コメント

0120-268-270今すぐ電話でお問合せ
error:Content is protected !!