春日市の玄関引き戸サッシを修理しました。汎用品の戸車交換16,000円

ブログ

春日市のお客様より築30年以上経過した玄関引き戸の動きが悪いと修理依頼が入りました。当日は雪の影響で「直ぐに対応が難しいですが大丈夫ですか?」とご案内すると「もう1年以上前から動きが悪くて過ごして来ているので今更2~3日待つのは全然大丈夫ですよ。いつ来れますか」との事。日程調整を翌日の15-16時にさせて頂きお伺いする事になりました。

春日市のガラス屋。窓ガラス交換、サッシ修理交換、ドア修理、ドアノブ交換、ドアクローザ交換調整、雨戸修理交換、戸車交換、網戸交換(張替え・作製)フロアヒンジ交換、窓とドアの事なら窓店

玄関引き戸のサッシ故障原因ベスト3

玄関入口は引戸サッシタイプドアタイプに分かれます。今回は引戸タイプのトラブルですので、引戸でのトラブルについて記述していきたいと思います。

私どもサッシ屋ではお客様からトラブル箇所やトラブルの症状をお聞きした時に”反射的”に「あ~あそこが原因でトラブルが起こっているのかな~」と推測します。もちろん全問正解とは行きませんが、おおむね当たっている事が多いです。今回の春日市のお客様邸の情報をお聞きした時にも故障原因が頭に浮かびました。

と言うよりも玄関引き戸サッシの故障原因は大きくこの3つに特定される事が多いです。

引戸戸車の消耗劣化

玄関引き戸に限らず横引サッシ建具の不具合は”縁の下の力持ち”である戸車と言われる部品の経年劣化による事が最も多いです。経験値で70%以上は戸車の不具合によりサッシの動きが悪くなっています。酷いお宅では戸車が破損していて原型すら残っていない状態でサッシを引きずって引き戸の開閉をされていらっしゃるお宅もありました。

レールの摩耗

玄関引き戸の下にはレールがある事が一般的です。中にはハンガータイプ(吊り戸)のモノもありますが一般の住宅ではレアなタイプです。

戸車が走るこのレールの摩耗がサッシの動きを悪くしている原因と言う事もあります。このケースでは戸車が悪くなり、そのまま使用している為に2次被害的にレールも消耗破損する流れとなっています。一旦レールが摩耗破損してしまうと戸車とセットでレールの補修を行う必要があります。仮に戸車だけ交換すれば一旦は元通りに引き戸が走る事もありますが、レールを補修してなければ今度は表面に凹凸が生じているレールが原因となって戸車を壊してしまう事があるからです。

サッシ本体や枠の変形

玄関引き戸サッシの本体が経年劣化で変形している事もあります。サッシは四方にネジが取付けられており最低でも4本、多くて8本の四方のネジ。引き戸によっては中残があるので、そのタイプのモノであればさらにプラス2本のネジが使用されています。中残タイプの引き戸が変形する事は殆どありませんが(強度が高いので)4方のみで固定されているタイプのモノはネジの箇所が弱くなってサッシ本体が変形する事が稀にあります。

また、枠の上部が垂れて来てサッシに干渉する事が原因となりサッシの動きが悪くなる事もあります。この症状が原因の場合は最悪枠事玄関引き戸を交換しなければなりません。

春日市の玄関引き戸の修理は戸車交換で完了しました。

春日市のお客様では、最もポピュラーな原因である戸車の経年劣化による引き戸の不具合と判明しました。お客様曰く「もう築年数も古いしその内大々的にリフォームも考えないといけないと思っていたので、ま~出来るだけ予算をかけずに修理出来ませんか?」とのご希望でした。

引き戸の戸車は正規品と汎用品があり、正規品は部品代も高く納期のかかります。ただ正規品なので造りがしっかりしていて20年程度は使用出来る可能性が高いです。

一方汎用品戸車は、ある程度どんな引戸サッシにも取付可能となっていますし価格の正規品に比べ安く通常在庫で持っています。ただ、造りは上等とは言えず取付後に不具合を起こす事や正規品に比べ引き戸の走りも”しっくりこない”場合もあります。正規品のレールと汎用品の戸車なのでバッチリ適合していない事が原因です。

正規品戸車は、高い、遅い、適合性が100点

汎用品の戸車は、安い、早い、適合性が50点

この様なイメージです。お客様にも同様のご説明をさせて頂いて結果。

「じゃ~汎用品で・・・」と言う事になりました。料金は少々お安くさせて頂き16,000円(税別)で施工完了しました。

まとめ

本日は春日市で行った玄関引き戸の修理についての記事を書かせて頂きました。玄関引き戸の動きが悪くてお困りな方へ、何かの参考にして頂ければ幸いです。

コメント

0120-268-270今すぐ電話でお問合せ
error:Content is protected !!