小倉南区で浴室アクリル割れ現場に伺い、浴室ドア(折戸)交換を行いました!73,000円。

施工実績(浴室ドア)

小倉南区のお客様より浴室のアクリル板が割れたので交換して欲しいとのご相談が入りました。浴室のアクリル板は意外と割れやすく誤って”足”で蹴ったり、浴室の掃除の為に浴槽蓋などが当たって割れてしまう事が多いようです。小倉南区のお客様も浴室の掃除中に物が当たって割れてしまった。とおっしゃってました。

小倉南区のガラス屋。窓ガラス修理交換、サッシ修理、網戸交換(張り替え・作製)、ドア修理、戸車交換、ドアクローザ交換、ドアノブ交換、玄関ドア修理、雨戸修理交換、窓とドアの事なら窓店へ

浴室アクリルが割れた場合はアクリル交換か、浴室ドア交換となります。

浴室のアクリル板が割れた場合、アクリル板だけ交換する事も出来ますが、浴室ドア(折戸)のメーカーによりアクリル板の交換が出来ない物もあります。アクリル板がサッシに接着されていて剥がす事が原則難しい場合などがそれに当たりますが、その場合はドア本体を交換するか、ドア本体のみの交換が難しい場合はドア枠とセットで浴室ドア(折戸)を交換する事になります。

今回の小倉南区のお客様の場合は折戸の可動部分がレールから外れており、そろそろ交換を検討の時にダメ押し的な感じでアクリル板が割れたとの事。アクリル板の交換と言うよりもドア全体の交換も含めてどうしたら良いか相談されたいと言う事でした。

浴室アクリル割れから浴室ドア(折戸)交換までの流れ

浴室アクリル板が割れたとご相談を頂き現場にお伺いいたしました。接着タイプの折戸の為にアクリル板だけの交換は難しい事をお伝えし、ドア本体のみの交換か、ドア枠とドア本体の交換かを検討する事になりました。

一旦持ち帰り、ドア本体だけの交換が可能かお調べしようとしていた矢先、ドア枠も含めて交換して下さい。レールの部分も汚くなっていたのでいっその事全部綺麗にしたいと言うご意向が家族内で決まったようです。「承知いたしました!」と言う事でドア交換工事の為に部材を発注。約7営業日までには商品が入荷しますので、それに伴い工事日程を事前に調整させて頂きます。

御見積金額は73,000円(税別)となりました。最初の現調時に寸法は全て測っていましたので商品発注もスムーズに出来ました。

浴室ドア交換当日

浴室ドア交換当日は10時に小倉南区のお客様宅に伺い工事スタートです。まずは脱衣所側と浴室側に養生のマットを敷いてアクリル板が割れている折戸本体を撤去します。

施工方法は”浴室折戸のカバー工事”となりますので既存枠に新しい枠を取付ける為の下準備を行います。主に不要なサッシの出っ張りをカットしたりモヘアや戸当たりゴムを除去する作業です。

カッターで切り目を入れてプライヤーで取り除いて行きます。浴室ドアの開口部分が確保出来たら仮で新しい枠を当て込み、さらに既存の枠で邪魔になる部分を加工して行きます。カバー工事は既存枠を取り除きませんのでマンション等特に漏水に注意が必要な場所でも躯体を触らないので工事による漏水リスクはほぼゼロです。

新規枠の納まりが問題なければ新規枠と既存枠の間にスペーサーを当てますのでその準備を行います。スペーサーは主に樹脂製の板で既設枠と新規枠の間のスペース5~8mm程度を埋める目的で使用します。

枠の部分は既存枠と新規枠が入っている状態です。新規枠の固定も終わり最終、コーキングで防水処理を行います。

新しい浴室折戸ドアも建て込み、浴室側の取っ手も取付けて、最後はドアの閉まりをチェックし作業完了です。

周囲の塵やゴミも綺麗に片づけてお客様に最終確認を行って頂きます。作業時間は約3時間程。綺麗な浴室ドアに交換出来ました。

まとめ

本日は小倉南区で浴室アクリル板割れから浴室ドア(折戸)交換を行った現場の施工実績を掲載いたしました。少々ご予算はかかりますが、意外に簡単に新品のドアに交換できます!

コメント

0120-268-270今すぐ電話でお問合せ
error:Content is protected !!