【2022年~2023年最新】福岡県の内窓取付・窓リフォームは、国の補助金制度がバリお得!

内窓

2021年から2022年11月28日まで行われていた、内窓・ガラス交換・窓リフォームの補助金制度「こどもみらい支援事業」は予算を使い切ってしまったので、期限の2023年3月31日を待たずに、2022年11月28日に受付を終了しています。約4か月も早い終了で、「これから内窓を取付けしようと真剣に検討する時期だったのに!」を残念な思いをされている方もいらっしゃるかもしれません。

でも、安心して下さい!大丈夫です。

実は、こどもみらい支援事業が打ち切りされる約3週間前の2022年11月8日に 超強力な、窓の断熱に関する補助金事業が経済産業省などの省庁から発表されました。今回も国が予算を付けて窓リフォーム窓断熱の後押しをしてくれます。

詳しくは経済産業省が発表しているコチラのページからご確認下さい。

本日は、2022年11月から2023年12月31日(予定)に使える、内窓・窓リフォーム・窓断熱の補助金について解説したいと思います。

※注意!

2022年12月22日の情報を基に作成した記事になります。まだスタートして間もないため、内容が変更になる可能性もあります。最新情報はアップして行きますが、より正確な情報は、経済産業省及び環境省のページでご確認下さい。

福岡市早良区で内窓取付や窓リフォームをご検討中の方は、地元業者の窓店(マドミセ)がご対応可能です。補助金登録業者なのでお気軽にお問合せ下さい。専用ページはこちら。

新しく創設された、内窓取付・ガラス交換・窓リフォームの補助金制度とは?

令和4年(2022年)11月8日に閣議決定された窓断熱の補助金は次の2つです。下記2つの他に、「高効率給湯器導入促進による家庭部門の省エネルギー推進事業費補助金」も閣議決定されましたが、こちらは、窓断熱とは異なりますので今回は取り上げません。ご了承下さい。

1.先進的窓リノベ事業(住宅の断熱性能向上のための先進的設備導入促進事業等)

住宅の断熱性能向上のための先進的設備導入促進事業等は、長いので「先進的窓リノベ事業」とも言われます。

窓断熱のリフォームに特化された補助金です。内窓取付や高断熱ガラス、窓リフォームを検討される方は、こちらの補助金を一番に検討しましょう。

概要

高断熱の内窓取付・ガラス交換、窓リフォームを行うと上限200万円/戸補助金を受ける事ができます。

高断熱商品と言う部分がミソです。内窓やガラス交換を行う際に、ガラスの断熱性能は、

単板ガラス > ペアガラス > Low-e(ローイーガラス)

の順番で断熱性能が高くなりますが、高性能(熱貫流率(Uw値)1.9以下等、一定の基準を満たす必要があります)な商品である必要があり、商品は予め事務局に登録された性能を満たす商品でなければなりません。

その為、内窓に単板ガラス仕様では、こちらの補助金を受ける事はまず無理です。Low-eガラス等の高断熱商品を選ぶ必要があります。

そうすると何に問題を感じるか?

高額商品になるので、補助金出ても、高い買い物になるのでは?この様に考えられると思います。

ただ、1つ留意する点は、補助金額がデカいのです!だから高額商品を買っても、メリット大。

先進的窓リノベ事業の補助額はいくら?

それでは、先進的窓リノベ事業の補助額を確認してみましょう。

先進的窓リノベ事業の内窓補助額一覧表

見方としては、一番左の「Aグレード(Uw1.9以下)」が一番性能は低く、補助額も低いです。Uw値が小さくなる一番左の「SSグレード(Uw1.1以下)」が一番補助額が多く、商品価格も高額となります。

さらにサイズですが、大サイズは「2.8㎡以上」、中サイズ「1.6~2.8㎡未満」、小サイズ「0.2~1.6㎡未満」になっています。このサイズ感って一般に人には分かりにくいですよね。詳しく説明いたします。

内窓なので、窓の前面に取付ける商品です。既存の窓の、横幅が1.8mで、高さが2mだったとします。

計算式は、単純に1.8×1.9=3.42となります。

つまり3.42㎡と言う事です。大サイズ2.8よりも大きい数値なので「大サイズ」の補助額が申請できます。

SSグレードの場合であれば、124,000円も補助金がでます。一番低いAグレードでも69,000円の補助額です。

ちなにみ同じ内窓の補助金で、2022年11月28日まで受付されていたこどもみらい支援事業の場合はどうなっていたのでしょうか?

こどもみらい補助額

こどもみらい支援事業の際は、グレードは関係ありませんでした。単板でもペアガラスでもサイズのみで判断されます。

大サイズでも、21,000円の補助額が最大です。今回の先進的窓リノベ事業は最低ランクでも69,000円と3倍以上です。

商品代金も高額になりますが、何より補助額がデカいのが最大の魅了です。

ガラス交換の補助額

内窓取付の補助額以外にも、ガラス交換、カバー工事、外窓交換(はつり工法)についても補助金が申請できます。補助額については以下の通りです。

ガラス交換補助額一覧表

カバー工法の補助額
カバー工事補助額一覧表

外窓交換(はつり工法)の補助額
外窓交換補助額一覧表

玄関ドアや勝手口ドアの断熱アップは、こどもエコすまい支援事業と併用OK

先進的窓リノベ事業は、高断熱窓リフォームに特化した補助金制度なので、玄関ドアや勝手口ドアをリフォームする為には使えません。

せっかく家の断熱性能を高めるなら一気に玄関や勝手口ドアリフォームを検討する方もいらっしゃると思います。その様な方は、次に紹介する「こどもエコすまい支援事業」と併用して使用すると良いです。

本来なら5万円以上の補助額でないと申請できない「こどもエコすまい事業」も「先進的窓リノベ事業」と併用であれば、2万円以上の補助額で申請可能となっています。

※補助金を申請する際は、補助額の足きりがあります。補助額が5万円以上ないと申請ができないのです。ただし、今回の併用は2万円以上でOKという事なので敷居が下がるルールで歓迎ですね。

2.こどもエコすまい支援事業

こどもエコすまい支援事業は、前回の「こどもみらい支援事業」を引き継いだ補助金制度となります。

「こどもみらい支援事業」についてはこちらの記事でも解説していますので参考にして下さい。

こどもみらい支援事業から、今回の「こどもエコすまい支援事業」についての変更点は大きく下記の3点で、補助額も僅かですが上がっています。

(1)改修基準

省エネ基準レベル以上だったのが、省エネ基準レベル/ZEHレベルへ変更され、ZEHレベルが追加されました。該当する基準により一部補助額が変更されています。

参考:下記の内窓補助額を参考にされて下さい。

ZEHレベル基準の方が補助額が多いです。

(2)補助対象工事

開口部以外にも、外壁・屋根・床の断熱改修を始め、エコ住宅設備の設置やバリアフリー改修、耐震改修など様々な工事に補助金が申請できますが、その内、耐震改修とホームエレベーターの設置が対象外になりました。追加で蓄電池の設置が補助金申請の対象となっています。

(3)先進的窓リノベ事業との併用

前述しました様に、先進的窓リノベ事業への併用と、今回紹介を省略している「高効率給湯器導入促進による家庭部門の省エネルギー推進事業費補助金」との併用を行う事で、補助額が2万円以上でも申請可能になりました。

これ以外の条件等は、ほとんど前回制度のこどもみらい支援事業と同じです。

補助金申請までの流れ

まずは、補助金の申請は、登録業者が行います。(当社、窓店を含む)登録業者にお問合せを行いましょう。

1.補助金登録業者への問合せ

2.見積り(現地調査)

3.商品などについての打ち合わせ

4.同意

5.請負契約書の締結

6.着工

7.引渡し

以上となります。

必要な書類(運転免許証のコピーや共同事業実施規約など)の提出の必要があります。ご依頼される業者と協議し進めましょう。

※補助金の受け取りは、基本的に、請負契約金から相殺される形が一般的です。例えば、請負契約金30万円で補助金7万円だった場合、相殺した23万円をあなたが業者に支払います。補助金の7万円は業者が事務局に申請し受け取ります。

補助金受け取り方法は、請負契約等に記載されますのでしっかり確認しましょう。

補助金申請の期間

2022年11月8日以降に、工事請負契約を登録事業者と締結し、2023年12月31日(予定)までに工事完了したもの。(予算や状況により、終了時期は延期されたり、早期に終わる可能性があります)

補助金申請が出来る人

先進的窓リノベ事業で補助金の申請が出来る人は、住宅の所有者等です。

法人もOKで、さらに居住者、管理組合、管理組合法人もOKです。例えば、アパートのオーナーや借主が申し込む事もできます。

ただし、再販買取業者などが自社で工事を行う事はNGで、非住宅も対象外となります。

こどもエコすまい支援事業で補助金が申請出来る人は、全世帯対象です。既存住宅のリフォームは勿論、新築住宅を取得する時には、高い省エネ性能やZEHレベルの住宅取得に補助金が適応されます。

また、子育て世帯や、若者夫婦世帯には基準により上限が引き上げられる優遇処置があります。

まとめ

本日は、2022年11月から2023年にかけて始まる補助金制度について説明しました。まだハッキリ決まっていない部分や変更になる部分のあると思いますので確認次第こちらの記事を更新して行きたいと思います。

補助金事業担当省庁は、

先進的窓リノベ事業=経済産業省と環境省で、予算1,000億の事業です。

こどもエコすまい支援事業=国交省で、予算1,500億円の事業です。

前回のこどもみらい支援事業の600億円と比較してもかなり大きな事業となっています。内窓取付や窓リフォームを検討されている方は、またとない良い機会です。十分に検討され、断熱性の高い快適な住宅にリフォームされてはいかがでしょうか。

0120-268-270今すぐ電話でお問合せ
error:Content is protected !!