窓リフォームのカバー工法とはどの様な工事なのか?費用についても解説。

ブログ

窓のリフォーム工事を考えた時「大変な工事だろうな~」「工期は2~3日かかるのかな~」「騒音や埃が立つのでがあるのであれば近隣の方に挨拶に行くべきか」など色々と疑問が生じます。まず、近年主流の窓リフォーム工事にはカバー工法と言う工事方法があります。この工事方法は各さっし窓のリフォーム工事を考えた時「大変な工事だろうな~」「工期は2~3日かかるのかな~」「騒音や埃が立つのでがあるのであれば近隣の方に挨拶に行くべきか」など色々と疑問が生じます。まず、近年主流の窓リフォーム工事にはカバー工法と言う工事方法があります。この工事を行う為のリフォーム用窓サッシの商品が各サッシメーカーからも販売されておりおります。工事関係者にとっては極ポピュラーな工事方法だといえます。

本日は一般の方にはあまり馴染みのない窓リフォーム工事を行う上に知っておくと役に立つカバー工法についての解説をさせて頂きます。

大野城市のガラス屋。窓ガラス交換修理、サッシ修理、ドア修理交換、窓リフォーム、戸車交換、網戸修理(網戸新規作製、張替え)、浴室ドア交換、玄関ドア修理交換、雨戸修理、窓とドアの事は窓店へ

カバー工法とは何?メリット・デメリット!

そもそもカバー工法とはどの様な工法なのでしょうか?

答えは・・既存にサッシ枠に新しいサッシ枠を取付けて、中身の窓を新しくする工法。

現在取付られている既存枠はそのままの状態で新しい枠を上からカバーする様に新しい窓を取付けます。この事からカバー工法と言われるのですが要は古い枠を取り外さず、新しい枠を上から被せる様に行う工事方法と言う事です。その為の部材はメーカーからリフォーム用専用部材として発売されている現状です。

カバー工法のメリット

カバー工法は既存の枠を取り出さないので、電動工具等を使って枠を切ったり、斫ったりと言う作業が不要になります。そのため騒音や埃の発生が軽減されると言うメリットがあります。また作業の工程も簡素化されますのでその分コスト的にも従来の工法と比べて安くなる事がメリットと言えます。従来の窓リフォームではマンションでの工事の場合は敷居が高かったですがカバー工法であればマンションの工事も特段問題なく対応可能です。さらに、1Dayリフォームと言われ、工期は半日~1日で終わるので施主様にとっても時間の負担も少ない特徴があります。

カバー工法のデメリット

カバー工法のデメリットは開口部分が若干狭くなると言う事です。既存の枠を取り出して新しい枠を取付け直す工法では現状の開口も保持出来ますが上から覆い被せるカバー工法では左右上下が40~60mm程度狭くなります。

カバー工法でリフォーム可能な窓やドアとは?

窓リフォーム以外にもカバー工事を行う事は多くあります。下記カバー工法での工事が可能です。

・玄関ドアの交換

・玄関引き戸の交換

・浴室ドアの交換

・浴室折戸の交換

・勝手口ドアの交換

・窓サッシの交換

カバー工事では既存の窓タイプから別の窓タイプへ変更する事も勿論可能です。ご依頼の多いケースとして、「現在のルーバー窓から縦すべり出し窓に変更したい。」や「現在の内倒し窓から横すべり窓に変更したい」などがあります。これらの窓種類の変更も問題ありませんので既存の窓リフォームとの遜色もありません。

カバー工法の費用は?

カバー工法の費用を目安として見て行きましょう。

トイレの小窓リフォーム・・・・6~8万円

中窓の窓リフォーム・・・10~12万円

リビングのテラス窓リフォーム・・・20~30万円

窓の大きさにより異なります。またテラス窓や中窓は特にガラスの種類により料金がかなり異なってきます。上記は通常単板ガラスでの目安です。断熱効果を高めたい方や結露対策を行い方はガラスを代える事によりその効果が得られます。カバー工法で窓のリフォームを行いガラスはペアガラスや、ペアガラスよりも高機能なLow-eガラスを使用すると言う事です。

まとめ

本日は窓リフォームの際にもっともポピュラーな工事方法である”カバー工法”について解説いたしました。窓の交換は従来の工事方法よりもかなり気軽に行えるようになりました。窓の動きが悪い時や鍵のかかりが悪い時は窓リフォームも視野に検討される事をお勧めします。一度窓を交換すればその先10~20年程度は安心して使用できます。

コメント

0120-268-270今すぐ電話でお問合せ
error:Content is protected !!